iPhone リンゴループになる原因と対処方法

iPhoneを使っていてリンゴループに陥ったことはありますか?
リンゴループとは起動するときにAppleロゴのリンゴマークが出たままでフリーズしてしまい起動画面から先に進まず操作できない状態のことです。

何が原因でそのような状態になるのでしょうか?

原因としてはiOSのアップデート中にWi-Fiの接続が切れたり、電池が切れたりしてiOSの更新に失敗したときや、起動するために必要なファイルが破損したなどの影響で読み込めずに起動前にクラッシュ(再起動)してしまうとき、iPhoneの容量が一杯で空き容量のない状態で稼働しているときにリンゴループに陥ったりします。

いくつかの改善方法があるので、もしリンゴループに陥ったら試してみてくださいね。

①SIMカードを抜いて再起動、SIMカードを入れて再起動を試してみる。

リンゴループだと通常のシャットダウンは出来ないので、この場合はスリープボタンとホームボタンを同時に長押しして強制終了してくださいね。

②セーフモードで起動してみる。

セーフモードとはiOSに不具合が起きた時の診断用モードのことで、通常軌道に必要な機能やアプリ以外を無効にして起動します。一度iphoneを終了させた後、iphoneを起動する際に音量ボタン(+)を押し続けることでセーフモードで起動できます。

③最新版に更新してあるiTunesに接続して同期させてみる。

④iTunesでiOSをアップデートしてみる。

この方法はWi-Fiが切れたりしてアップデートが不完全な状態になり、リンゴループに陥ってしまった場合などに効果がありますよ。

⑤正常なiphoneからFaceTimeをかけてみる。

フリーズしたiphoneに別のiphoneでFaceTimeをかけて着信画面に変わったらホームボタンを押せば元に戻る場合があります。

⑥iTunesに接続しリカバリーモードに入って復元する。

iPhoneの電源を切り、iTunesを起動したパソコンとiPhoneを接続したらホームボタンとスリープボタンを10秒ぐらい押し続けます。リンゴマークが出たらホームボタンだけ押し続けスリープボタンだけ離します。約15秒後に「iTunesがリカバリーモードでデバイスを検出した」という警告が表示されます。

これでiPhoneを強制的に初期化・最新のiOSにアップデートするDFUモードに入れるのでiTunesに表示される復元の手順を進めればOKです。
初期化すればデータは消えてしまいますが、使える端末に戻せる可能性があります。